手荷物

JR東海バスの運行便以外は、共同運行をしていてもお取扱いが異なる場合がありますので、事前にご乗車される便の運行会社にお尋ねください。

車内(トランクルーム)へ持込める荷物の大きさは、縦、横、高さの和が250センチ。
また、一辺の長さは最大で200センチまでです。

荷物サイズ

2階建バスはトランクのスペースが狭いため、上記サイズ内でも積み込めない場合がございます。
大きい荷物をお持ちのお客様は出来るだけ事前に宅配便などのご利用をお勧め致します。

バストランクルーム
バストランクルーム
バストランクルーム
バストランクルーム

車内に持ち込む手荷物について

  • ・車内に持込む手荷物は隣のお客様にご迷惑が掛からない程度で足元に置ける範囲でお願いします。
  • ・貴重品・高額品・壊れやすいもの・パソコン等(電子データ含む)については、お客様自身で管理してください。(トランクルームへは収容できません)
愛玩動物について

昼行便に限り収納ケースに入れた状態でペット(小犬・小猫・小鳥)は車内へ持ち込むことができます。なお、運行中に鳴き声、異臭、収納ケースから出す等により他のお客様のご迷惑となる場合には、途中で降車していただく場合もございます。(途中で降車された場合の乗車券の払戻しは致しかねます。)
※夜行便は、愛玩動物を車内(トランク含む)へ持ち込む事はできません。
ただし、厚生労働省令で定めた書類を所持した身体障がい者に同伴された身体障がい者補助犬である旨を表示した各種介助犬は、昼行便、夜行便を問わず乗車できます。

トランクルームへの積み下ろし時のご注意

  • 手荷物の車内(トランクルーム)への積み下ろし、保管はお客様ご自身でお願い致します。

<夜行便をご利用のお客様へ>
夜行高速バスの一部の便をご利用のお客様はトランクルームにお荷物を収納される際に荷札をお付け下さい。なお、【お客様用】の半券は、必ず切取ってお持ち下さい。
トランクルームから荷物を取出す際は、荷札の番号と半券の番号をご自身で照合して下さい。なお、不要な半券は乗務員へお渡し下さい。荷物の取り間違いにご注意下さい。
昼行便については荷札は不要です。※一部の便を除く

荷札

荷物の滅失、棄損等につきましては、当社では一切補償致しかねます。
貴重品・高額品・壊れやすい物・パソコン等(電子データ含む)はトランクルームへは収納出来ませんので、お手元で管理して下さい。

車内(トランクルームを含む)への持ち込みをお断りする荷物

危険物 多量のマッチ、硫黄、腐食物質、動物、不潔なもの、臭気を発する物、他のお客様に危害を及ぼし迷惑を掛けるおそれのあるもの、車両を破損するおそれのあるもの
スポーツ用品 スキー・スノーボード・サーフボード・自転車・折りたたみ自転車等の大型荷物

忘れ物について

車内で発見された忘れ物は、一定の期間運行を担当した会社にて保管いたします。
ご利用されたバスの運行会社へ直接お問い合わせください。(お問い合わせ一覧はこちら