このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのために、Cookie(クッキー)を使用しています。
これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
詳細はこちら

バスの旅 つばめツアー

つばめツアー

行きたい場所が必ずみつかる、リーズナブルな季節のおすすめコースをラインナップ。

日帰り

奈良県 【いいもの探訪第13弾】
大和国一之宮「大神神社」とそうめん発祥の地三輪素麺「池利」を訪ねる旅

募集人員 各日34名
最小催行人員 各日25名以上
お申込人員 おとな1名以上
添乗員 同行致しません
出発日 2020年6月27日(土)
2020年7月9日(木)
代金
(おひとり様)
お一人様 13,800円
旅行日程 ●JRゲートタワー市バスターミナル12番のりば8:45集合 
名古屋駅(9:00発)~奈良県桜井市/≪いいもの探訪≫三輪素麺「池利」(三輪素麵茶屋「千寿亭」で新幹線をイメージした特別メニュー「そうめん新幹線御膳」をご用意致します。また代々受け継がれてきた手延べそうめんの技術秘話等も)~奈良県桜井市/≪うましうるわし奈良キャンペーン寺院≫大和国一之宮三輪明神「大神神社」(参拝)~柿の葉ずしヤマト(柿の葉寿司ショッピング)~名古屋駅(18:00頃着)
昼食付
その他 ≪旅のポイント≫ 「大神神社」は日本最古の神社で、ご神体は三輪山そのもの。本殿はなく、拝殿から三ツ鳥居を通して山に向かって拝みます。三輪山は国を開いた大物主大神(大国様)が御魂を留めたという霊山で、昔から「神の宿る山」として崇められてきた聖地です。また、そうめん発祥の地「三輪のそうめん」を全国に広めようと、初代・池田利平が手延べの技術を研究・発展させ、麺を製造し始めた「池利」。そうめんの手延べ作業“おもし”と呼ばれる熟練のそうめん師が、長年の経験により培われた勘(気温と湿度を肌で感じる)で塩加減を決めているとか。今回は、三輪そうめんの伝統の味を活かした特別メニュー(新幹線をイメージ)の昼膳をご用意致しました。

お持ち帰り用そうめん

三輪そうめんの「池利」とJR東海「いいもの探訪」がコラボレーションし、今年7月から営業運転を開始する東海道新幹線N700Sとドクターイエローをそれぞれイメージした三輪そうめんをお持ち帰りいただきます。

バスの旅 つばめツアー

お申し込み・お問合せ