運輸安全マネジメント

輸送の安全の確保に関する取り組みについて公開しています。

輸送の安全に関する基本的な方針

  • ・社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たします。
  • ・社長は、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させるものとします。
  • ・輸送の安全に関する計画の策定、実行、評価及び改善(PDCA)を確実に実施し、絶えず輸送の安全性向上に努めます。
  • ・役員及び社員等は、輸送の安全の確保に関して、関係法令の遵守を徹底します。
  • ・輸送の安全の確保に関する基本精神は、以下の「安全綱領」によるものとします。
  • 一 安全は輸送業務の最大の使命である。
  • 二 安全の確保は規程の遵守及び執務の厳正から始まり不断の修練によって築きあげられる。
  • 三 確認の励行と連絡の徹底は安全の確保に最も大切である。
  • 四 安全の確保のためには職責をこえて一致協力しなければならない。
  • 五 疑わしいときは手落ちなく考えて最も安全と認められるみちを採らなければならない。

輸送の安全に関する目標及びその達成状況

平成28年度は、重大な運転事故は0件でした。それ以外の有責事故に関しては前年度と同件数となり、目標の1割減を達成するには至りませんでした。なお、輸送の安全確保命令、事業改善命令、行政処分等は受けておりません。

事故に関する統計(自動車事故報告規則第2条に規定する事故)
(平成28年度総件数及び類型別の事故件数)

事故種別 件数
運転事故(第2条第1~6号に該当するもの) 0件
車内事故(第2条第7号に該当するもの) 0件
健康起因(第2条第9号に該当するもの) 0件
法令違反(第2条第8号及び10号に該当するもの) 0件
車両故障(第2条第11号及び12号に該当するもの) 15件
その他(第2条第13~15号に該当するもの) 0件
15件

安全管理規程

輸送の安全のために講じた措置及び講じようとする措置

当社では、運輸安全マネジメントの取り組みに則り、輸送の安全に関する重点施策として以下の4項目を柱として取り組み、全社が一体となった運転事故防止を強力に進めています。

(1)安全最優先の徹底

  • ・一人ひとりが、規程やルールの意義・背景・目的および実施しなかったときの影響・結果などの理解に努め、意識ある基本動作を実践します。
  • ・迅速かつ正確な報告及び関係箇所への連絡の徹底と本社から乗務員まで情報共有・伝達を円滑・確実に実施します。
  • ・疑わしいときは直ちに運転を中止するなど、安全を第一と考えた行動を実践します。

(2)運転・運行に係る事故防止

<乗務員に係る事故防止>

  • ・一人ひとりのプロ意識を高める教育指導を充実するために、乗務員の事故履歴や技量・弱点など、個人把握を深度化し、デジタルタコグラフ、ドライブレコーダ-、乗務員訓練車を積極的に活用します。
  • ・新人乗務員の技量、知識の向上を図るフォロー教育を充実します。
  • ・「安全運転5項目※」等に従った運転操縦・取扱いを徹底し、人身・追衝突・車内事故などの重大事故の撲滅に取組みます。
  • ・安全褒賞制度や競技会・研修等を通して社員の更なる意欲・能力の向上を図ります。
  • ・単位を意識した飲酒指導等で正しい理解と実践により飲酒事故を防止します。
  • ・健康管理の重要性を認識し、定期的な検査・確認の実施により、健康起因による事故を防止します。

<運行管理に係る事故防止>

  • ・法令や社内規程等に基づいた厳正かつ確実な点呼を実施します。
  • ・運行状況を常時把握することで異常を確実にとらえ、乗務員に対する必要な指示を適切に実施します。
  • ・運行管理に係る設備等の定期点検を確実に実施し、各種事故防止を図ります。

(3)事故防止体制の充実

<乗務員に係る事故防止>

  • ・安全性向上を目的とした双方向コミュニケーションを図るための会議を充実します。
  • ・緊急時や自然災害発生時などの異常時対応能力の向上を図るため、実践的訓練を実施するなど事前の備えを行います。
  • ・車両安全装置を充実し、事故の未然防止を図ります。

(4)車両整備に係わる事故防止

  • ・車両の確実な点検・検査・修繕を実施するとともに、車両故障・不具合の原因究明を徹底し、路上故障防止対策を適切に講じます。
  • ・車両係に対して、教育訓練を実施し、知識・技術力の向上を図ります。

(注)

  • ※安全運転5項目とは、前方を注視し運転に集中することや、速度に応じた車間距離を取ることなど、走行中に乗務員が守るべき安全運転のポイントを5つにまとめたものです。

輸送の安全に係る情報の伝達体制その他の組織体制

(1)輸送の安全に係る情報の伝達体制

(1)輸送の安全に係る情報の伝達体制

(2)事故災害等発生時の報告連絡体制

(2)事故災害等発生時の報告連絡体制

輸送の安全に関する教育及び研修の実施状況

  • (1)全乗務員を対象に定期訓練を年4回行っています。
  • (2)全乗務員を対象に異常時への対応訓練を行っています。
  • (3)全乗務員を対象に3年毎に運転適性診断を受診しています。
  • (4)乗務員を対象に専門機関での安全講習を受講しています。
  • (5)乗務員訓練車により、客観的な数値データに基づいた運転指導を行っています。
  • (6)ヒヤリハット事例を活用して乗務員の危険予知能力向上を図っています。
  • (7)眠気を催した場合に最寄りのSA等に停車することを徹底するための臨時停車訓練を行っています。
  • (8)選抜された乗務員による運転競技会を開催しています。

輸送の安全に係る内部監査の結果並びにそれに基づき講じた措置及び講じようとする措置

内部監査規程に基づき、平成29年1月に本社監査部門が本社安全管理部門を対象に監査を実施しました。また、安全管理規程に基づき、平成28年7月及び平成28年12月の安全総点検期間中に全支店を対象に安全統括管理者をはじめとする本社幹部社員による総点検を実施しました。いずれも、輸送の安全の確保に関する各種取り組みが着実に実施されていることを点検し、業務執行状況が適正であることを確認しています。

安全統括管理者

安全統括管理者 常務取締役 松浦 宏行