運行管理体制

厳格な運行管理体制と最新の機器により、日々の安全運行を支えています。

24時間体制でのリアルタイム運行管理

支店ごとに各2名の運行管理担当者を配置

バスの運行は、道路や気象状況、その他のさまざまな要因により、影響を受けることがあります。こうした状況を、運行管理担当者が365日24時間体制で監視し、乗務員へ適切な指示・アドバイスを行うことで安全運行を確保しています。

24時間体制でのリアルタイム運行管理

厳正な点呼

運行管理担当者立会いのもと、対面で健康状態確認、飲酒検査

自社支店では運行管理担当者立会いのもと、対面で健康管理状態確認等を行っています。乗務員のアルコールチェックでは、機器を利用し、検査結果が写真とともに記録され、異常値が出た場合は自動的に映像・数値などが直ちに社内関係者にメール送信されます。

厳正な点呼

安全運行を支援する装置の活用

通信型デジタルタコグラフ・ドライブレコーダー一体機を全車設置

全車両に通信型デジタルタコグラフ・ドライブレコーダー一体機を設置し、車内外の撮影用カメラと共に走行データ(速度、加速度、位置情報など)をリアルタイムに監視しています。一定の速度超過、急ハンドル、急ブレーキなど異常を検知すると、各支店に設置された管理画面に通知され、運行管理者がただちに車番、検知場所、車両のカメラ映像を確認し、必要に応じて運行管理者がIP無線を利用して当該バスの乗務員に対して状況確認を行っております。

※映像は事故防止対策及び防犯等の目的で使用し、目的以外に使用することはありません。また、法令で定められる場合を除き、第三者に映像を提供することはありません。

通信型デジタルタコグラフ・ドライブレコーダー一体機を全車設置
通信型デジタルタコグラフ・ドライブレコーダー一体機を全車設置

IP無線を全車設置

通信型デジタルタコグラフ・ドライブレコーダー一体機と連携したIP無線機を全ての車両と各支店に設置しております。 携帯電話のキャリアが提供するサービスエリア内であれば一斉、グループ(支店毎や高速道路の緊急通行止等の際に付近を走行する車両)、個別などの呼び出しが日本全国で可能です。IP無線機はパケット網を利用しているため、災害発生時など携帯電話の通信が規制されている 場合であってもつながりやすいのが特徴です。

IP無線を全車設置
IP無線を全車設置

ドライブレコーダー映像の活用

運行中の映像を常時録画し、ヒヤリハットや運転行動の振り返り確認を行うことで、安全運転に対する意識向上を図っています。また、録画された映像を指導訓練時に使用するなど、安全教育にも活用しています。

ドライブレコーダー映像の活用
ドライブレコーダー映像の活用

安心してご利用いただくために

安全を最優先に考え、適切に乗務員を配置、日々の業務はシステムで労働時間管理

次の夜行便は途中で乗務員の交替を行っています。
名古屋~東京間(新東名高速道路を走行しない系統)は静岡で交替、名古屋~広島間は岡山で交替、名古屋~松山間は徳島で交替、静岡~神戸間は一宮で交替します。
なお、それ以外の夜行便は国の定める基準よりもより安全な基準を設定して、ワンマン運行をしております。 (詳細は次ページをご覧ください。)
また、日々の労働時間は全てシステムで管理を行い、乗務員の過労運転防止を徹底しています。

交替運転士の配置箇所(地図)

国が定める基準に基づき安全面をより配慮したうえで運行を行っています。

国が定める配置基準 JR東海バスの取扱い
昼間 夜間 昼間 夜間
運転時間 一運行は、9時間迄 最大は、名古屋・東京間(中央道経由)の6時間45分 最大は、名古屋・新木場駅間(新東名経由)の6時間15分
実車距離 原則一運行 500km迄 原則一運行 400km迄
※但し、以下の条件を満たした場合は500km迄(実車距離100kmから400kmまでの間に仮眠施設において、連続1時間以上の仮眠休憩を確保他)
最大は、名古屋・東京間(中央道経由)の394.2km 原則一運行 300km迄
※但し、300kmを超える場合は仮眠施設において、連続1時間以上の仮眠休憩を確保(最大は、名古屋・新木場駅間(新東名経由)の365.58km )
連続乗務回数 ・・・ 連続4夜迄 ・・・ 連続4夜迄
連続運転時間 高速道路の実車区間で概ね2時間迄 高速道路の実車区間で2時間以内に休憩

安全のしおり

全ての車両の網ポケットに安全のしおりを入れております。走行中のお願い事項(シートベルト着用、必要時以外は席を立たない)、緊急事態が発生した場合の対処方法を4ヵ国語(日本語、英語、中国語、韓国語)で記載しております。

安全のしおり

心臓ドックの受診、健康管理面談の実施

運転中、健康起因による事故を防止するために、法令で定められた健康診断に加え、年に1回、全乗務員を対象とした心臓ドックの受診を行っています。異常所見が出た場合は、産業医とも連携し乗務の可否の判断を行います。
健康管理面談を年4回実施しています。面談では直近の健康診断の結果をもとに、最近の症状、気になることなど乗務員一人ひとりの状態をよく確認し、健康状態の把握に努めています。