乗務員に対する安全教育、訓練

乗務員に対して運転操縦の他、様々な場面・事象に対応できるよう教育・訓練を行っています。

基本動作による安全確認

発車時の確認と指差確認

バス発車時の確認のため、指差し喚呼する基本動作を実施しています。

発車時の確認
  • 発車時刻
  • 旅客の乗降終了
  • 次バス停
  • 車内着席
  • 周囲の安全

指差確認

左折時一旦停止・確認換呼

交差点での死傷事故を防止することを目的に左折時の一旦停止を行っています。以下に該当する箇所以外では、横断歩道手前で一旦停止し、安全確認を行ったうえで運行を再開しています。停止した状態で安全確認を行うことで、見落としなど確認不足による事故を防止しています。

一旦停止を除外する場合

  • ・横断歩道がない交差点を左折するとき
  • ・矢印信号の表示に従って左折するとき
  • ・車両・歩行者分離信号設置の交差点を左折するとき
左折時一旦停止・確認換呼
左折時一旦停止・確認換呼

安全運転のポイント(重要5項目の実施)

重大事故撲滅のため、走行中に乗務員が守るべき安全運転のポイントを5つの項目にまとめ、徹底しています。

安全運転5項目

  • 【1】運転中は、ほか事を考えず、前方注視を確実に行うなど、運転に集中
  • 【2】速度に応じた車間距離
  • 【3】法定速度を厳守
  • 【4】道路状況に応じた防衛運転
  • 【5】眠気を催した場合は、最寄りのサービスエリア等に必ず停まる

乗務員への訓練

お客様に安全で安心なバスを提供するため、安全運転に対する技術や意識を高め、さまざまな場面に対応できるよう教育・訓練を実施しています。

定期訓練

乗務員全員を対象に定期訓練を実施し、「法令や社内規程の確認」「事故事例の活用」「運転実技による要注意作業の共有化」などを行い、事故防止の意識向上を図っています。
また、定期訓練以外にも目的を絞った訓練を実施し、事故防止意識を高める取り組みを行っています。

定期訓練
定期訓練

臨時停車訓練

走行中、眠気を催した場合に最寄のSA等に停める環境を醸成することを目的に臨時停車訓練を年4回行ってい ます。訓練時は予め定められた休憩箇所のほか、1箇所に臨時停車を行っています(遅延発生時には訓練を取り 止めています)。

異常時への対応訓練

異常気象、バスジャックなど、万一を想定した異常時対応訓練を実施しています。

異常時への対応訓練

雪上訓練

毎年、雪のシーズン前に新人乗務員を中心に雪上訓練を行っています。雪道での走行を体験するのに加えて、チェーンの脱着を実際に行い、運転技術の向上に努めています。

雪上訓練
雪上訓練

運転適性診断の実施

3年毎に全乗務員に対して運転適性診断を受診させ、自身の特性データに基づいて個別指導を行っています。

専門機関での安全講習受講

安全運転指導を行う専門機関での研修に乗務員を参加させ、安全運転技術の向上を図っています。

専門機関での安全講習受講

訓練車による訓練

乗務員訓練車は、運転データ集録システム等を搭載し、専任の指導員が乗務員の各種走行データをその場でチェックすることで、乗務員の感覚的な行動と実際の行動との差を動画や数値で確認することができます。また乗務員の目の動きを映像化し運転中の注意配分を確認することができるアイマークレコーダを装着し、運転動作の指導を行います。

訓練車の外観

訓練車の外観
訓練車の外観

運転データ集録システム

運転中のアクセルやブレーキの開度、ギア位置、車間距離、側方距離などの各種走行データを集録し、乗務員の姿勢映像、視点の動向を記録して指導します。

運転データ集録システム

アイマークレコーダ

帽子型ヘッドセットを装着し乗務員の目線の動きを映像化し安全確認状況等を確認します。

アイマークレコーダ
乗務員の視点は画面内「+」白マークで表示され、指導員は、その表示を基に指導します。
乗務員の視点

サラウンドアイ

車体の前後左右に取り付けたカメラの映像を合成処理し、俯瞰映像を映し出す装置です。左右ミラーの死角など車体周辺の状況を補うことができ、車体感覚を視覚的に身に付ける指導をします。

※サラウンドアイは、クラリオン㈱の商標登録商品です。

サラウンドアイ

ミーティングスペース

車両後方のミーティングスペースで収録した運転走行データをもとにその場で指導します。

ミーティングスペース

新任者には約2ヶ月にわたる訓練と社内審査を実施

採用後の新任運転士が高速バスに乗務するには、高速乗務員養成訓練を終了し、社内審査に合格しなければ営業運転に従事できません。
実際の営業運転に従事してからも、デジタルタコグラフを用いた確認や適宜、指導を行い、安全運転技術の向上を図っています。

新任者には約2ヶ月にわたる訓練と社内審査を実施

ヒヤリハット事例を活用した危険予知能力の向上

運転中にヒヤッとしたり、ハッと気付いて事故に至らなかった事象をヒヤリハット事例として、乗務員から募集して水平展開を行い、事故防止を図っています。

ヒヤリハット事例を活用した危険予知能力の向上

運転競技会

選抜された乗務員を集め、安全運転技術を競う「運転競技会」を毎年開催し、乗務員の安全運転意識、意欲の向上を図っています。

運転競技会
運転競技会