このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのために、Cookie(クッキー)を使用しています。
これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
詳細はこちら

運輸安全マネジメント

輸送の安全の確保に関する取り組みについて公開しています。

輸送の安全に関する基本的な方針

  • ・当社は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社員に対し輸送の安全の確保が最重要であるという意識を徹底します。
  • ・当社は、輸送の安全に関する計画の策定、実行、評価及び改善(PDCA)を確実 に実施し、絶えず輸送の安全性向上に努めます。
  • ・当社は、輸送の安全の確保に関して、関係法令の遵守を徹底します。
  • ・当社の、輸送の安全の確保に関する基本精神は、以下の「安全綱領」よるものとします。
  • 一 安全は輸送業務の最大の使命である。
  • 二 安全の確保は規程の遵守及び執務の厳正から始まり不断の修練によって築きあげられる。
  • 三 確認の励行と連絡の徹底は安全の確保に最も大切である。
  • 四 安全の確保のためには職責をこえて一致協力しなければならない。
  • 五 疑わしいときは手落ちなく考えて最も安全と認められるみちを採らなければならない。

輸送の安全に関する目標及びその達成状況

2020年度は重大な運転事故の発生はありませんでした。重大事故以外の有責事故に関しても、前年度に比して7件の減少となり、目標としていた「有責事故件数対前年1割減」を達成しました。
なお、輸送の安全確保命令、事業改善命令、行政処分等は受けておりません。

事故に関する統計(自動車事故報告規則第2条に規定する事故)
(2020年度総件数及び種類別の事故件数)

事故種別 件数
運転事故(第2条第1~6号に該当するもの) 0件
車内事故(第2条第7号に該当するもの) 0件
健康起因(第2条第9号に該当するもの) 0件
法令違反(第2条第8号及び10号に該当するもの) 0件
車両故障(第2条第11号及び12号に該当するもの) 16件
その他(第2条第13~15号に該当するもの) 0件
16件

安全管理規程

輸送の安全のために講じた措置及び講じようとする措置

当社では、運輸安全マネジメントのPDCAサイクルを基盤とし、安全最優先の柱とする「安全運転5項目」、「直ちに運転を中止」、「迅速かつ正確な報告」を輸送の安全に関する重点施策として、以下の4つの大項目を掲げ、全社が一体となった運転事故防止を強力に進めています。

①「安全最優先三本柱」の文化の一層の醸成

  • ・「安全運転5項目」を理解し、絶対感のもと遵守します。
  • ・疑わしいときは「直ちに運転を中止」します。
  • ・通常と異なる事象発生時は「迅速かつ正確な報告」を行います。

②安全に関する実行力の向上

(1)ルール、基本動作の正しい理解と確実な実践

  • ・乗務員は「考える、議論する、実践する」教育訓練を通じて、ルール、基本動作の意義、本質まで深く理解し、「いつでも、どこでも、誰もが」ルール、基本動作を納得感のもと、自らの意志で確実に実践します。
  • ・乗務員は「視るべきポイント」を定めたドラレコ面談を通じ、自らの課題に向き合い、管理者と深くコミュニケーションをとり、適切な支援を受けながら課題克服に不断取組みます。

(2)属人把握に基づく個別指導の充実

  • ・経験の浅い新任者や、高齢の乗務員など、一人ひとりの特性に応じた計画的かつ継続的なフォローを行います。
  • ・健康不安者に対して、属人に応じたきめ細かな健康確認と、健康不安を申告しやすい環境構築に努めます。
  • ・飲酒反応根絶のため、「飲酒の単位管理」と「検査前の徹底事項」を徹底させます。
  • ・訓練車を活用した客観的な属人把握及び弱点克服のための個別フォローの機会を拡充します。

(3)知識、技量及び意欲の向上

  • ・年齢別、経験別などの「階層別」の教育体系の定着化を図り、社員の知識、技量向上のための教育訓練を計画的に実施します。
  • ・「日々の当たり前」を「安全の実行力」として、褒める対象をより一層拡大することにより、社員の安全意識及び意欲の向上を図ります。
  • ・「シフトアップ活動」や「業務研究」を基軸に、本社と現場が一体となった業務改善を推進します。
  • ・様々な機会を通じた「社員の声」から、働きやすい労働環境の構築に努めます。
  • ・運転競技会をより一層深度化させ、現場と本社が緊密に連携して運営し、出場意欲をより高めるための内容充実を図ると共に、全乗務員の知識、技量、意欲の更なる向上を図ります。

③安全性をさらに向上させるための組織の強化

(1)運行管理体制の強化

  • ・運行管理者は、法令や社内規程等の正しい理解に基づく「厳正な点呼」を執行し、「正しい指示」を実施します。
  • ・運行管理者は、運行状況を常時把握し、乗務員の属人特性に応じた適切な指導を実施します。
  • ・運行管理者は、車両故障の発生時等、安全であることの根拠が明確でない場合、運転継続の指示をしないことを徹底します。
  • ・運行管理に係わる設備等の定期点検を確実に実施し、正常な運行管理体制を維持します。

(2)車両整備管理体制の強化

  • ・車検有効期限等の確実な管理のもと、法令や社内規定等に基づく定期検査を計画的に実施します。
  • ・車両整備作業の標準等に基づく、正しく確実な作業を実施します。
  • ・車両の故障、不具合発生時は、原因究明を徹底し、路上故障防止対策を適切に講じます。
  • ・整備担当社員に対する階層別教育の実施、および新技術の知識・技術力の習得に継続して取り組みます。
  • ・車両の構内移動及びピット入出場に伴う安全確認を遵守し、構内事故の防止を図ります。

(3)事故防止体制の強化

  • ・現業、非現業を問わず、安全性向上を目的とした双方向コミュニケーションを活性化し、各組織が緊密に連携します。
  • ・緊急事態、自然災害等に際し、予め状況に応じた適切な対応ができるよう、より実践的な訓練を計画的に実施します。
  • ・車両安全装置を充実させ、事故の未然防止を図ります。
  • ・ルート、運転時分、行路等の内在リスク及び予見リスクを検証し措置を講じます。
  • ・業務実態や環境変化に合わせて、各種の規程類や業務体制を適切に見直します。

④労働災害防止

  • ・全社でリスクアセスメントを行い、労災リスク低減、及び低減措置を図ります。
  • ・労災情報等の災害事例を活用して水平展開を図り、労働災害を防止します。

輸送の安全に係る情報の伝達体制その他の組織体制

(1)輸送の安全に係る情報の伝達体制

(1)輸送の安全に係る情報の伝達体制

(2)事故災害等発生時の報告連絡体制

(2)事故災害等発生時の報告連絡体制

輸送の安全に関する教育及び研修の実施状況

輸送の安全に係る内部監査の結果並びにそれに基づき講じた措置及び講じようとする措置

内部監査規程に基づき、2020年9月に本社監査部門が本社安全管理部門を対象に監査を実施しました。また、安全管理規程に基づき、2020年7月及び2020年12月の安全総点検期間中に全支店対象に安全統括管理者をはじめとする本社幹部社員による安全総点検実施しました。いずれも、輸送の安全の確保に関する各種取り組みが着実に実施されていること、業務執行状況が適正であることを確認しています。

安全統括管理者

取締役 天野 岳彦