このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのために、Cookie(クッキー)を使用しています。
これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
詳細はこちら

手荷物について

手荷物について

トランクルームに持ち込める荷物の大きさは、縦・横・高さの合計が250cmで、一辺の長さは最大で200cmです。

  • ※車内へ持込みの荷物(小型の旅行携行品)の大きさは、縦・横・高さの合計が100㎝までです。
  • ※荷物のお取扱いについては、運行会社により異なります。詳しくは、ご利用になるバス会社にお尋ねください。
トランクルームに持ち込める大きさ

車内荷物棚の平均的なサイズ

高さ24cm 奥行30cm

  • ◆手荷物の積み降ろし、保管は、お客様ご自身でお願いいたします。なお、破損・滅失などの補償はいたしかねますのでご注意ください。
  • ◆貴重品、高額品、壊れやすい物、パソコン(電子データ含む)は、トランクルームには収容できません。お客様ご自身で管理をお願いいたします。
  • ◆スーツケースなど、車内に持ち込むことのできない荷物については、トランクルームに収納をお願いします。(トランクは荷物置き場(スペース)の提供のみとなります)
  • ◆トランクルームへの収納の場合、規定サイズを超えるものは収納をお断りします。
  • ◆2階建てバスはトランクスペースが狭いため、サイズ内でも積み込めない場合がございます。大きな荷物をお持ちのお客様は出来るだけ事前に宅配便などの利用をお勧め致します。
  • ◆夜行バスでトランクルームへ収容する際は、バス乗務員がお渡しする荷札をお付けください。(半券は切り取ってください。荷物を取り出す際は、荷札番号の照合を必ず行ってくだい。)
  • ◆荷物の取り間違いのないよう、ご自身で目印となるもの(ネームタグなど)をご利用になることをおすすめします。
  • ◆小型動物(猛獣・昆虫類を除く)について、昼行バスにはケースに収容した状態で車内へ持ち込むことができます。鳴き声、異臭、収容ケースから出すなど、他のお客様に迷惑となる場合は降車していただく場合があります。(夜行バスでの車内への持ち込みはできません)
  • ◆折りたたみ自転車について、昼行バスに限り専用ケースに入った状態で、他の荷物や床面を破損する恐れが無い場合にトランクルームへの収容が可能です。(当社運行便のみの取扱いとなります)
  • ◆危険物、多量のマッチ、硫黄、腐食物質、動物、不潔なもの、臭気を発するもの、他のお客様へ迷惑及び危害を掛けるおそれのあるものは、法令により持ち込みが禁止されています。

横スクロールでご覧いただけます。

  車内
持込み
トランク
収納
条件
スーツケース 車内への持ち込みは、規定の大きさまで可能です
愛玩動物(ペット) × 小型動物(猛獣・昆虫類を除く)に限り、収納ケースに入れた状態で可能です(昼行バスのみ)
身体者補助犬 × 盲導犬・聴導犬・介助犬は、車内にお客様とともに乗車可能です
車いす × 折りたたみ式の積込みが可能です(バリアフリー車両を除きます)
ベビーカー × 折りたたみ式で破損の恐れがないことが確認できるものに限ります
折りたたみ自転車 × 他の荷物や床面を破損する恐れがあるため、折りたたみで専用ケースに入っているものに限ります(昼行バスのみ)
楽器類 トランクへの収納は専用ケースに収納されているものに限ります
お土産 生もので腐敗の恐れのあるものは収納できません(漬物・野菜等・防腐剤等のないもの)
剣道用具 × 竹刀およびその他の道具は、一体として収容可能です
弓道用具 × × 弓の長さが制限を超えるため収納できません
アーチェリー × 弓・矢・その他の道具は、一体として収容可能です
ゴルフ用具 車内への持ち込みは、規定の大きさまで可能です
スノーボード × 専用ケースなどに収納された状態で可能です